ウォーターピーリング 日本製

表皮の新陳代謝をターンオーバーといいます。皮膚は表皮の最下層である基底層で新しい細胞が生まれ、それが徐々に表面へ押し上げられて角質細胞となって剥がれ落ちます。この過程や肌の役割などを詳しくお伝えしていきます。

表皮の新陳代謝をターンオーバーといいます。皮膚は表皮の最下層である基底層で新しい細胞が生まれ、それが徐々に表面へ押し上げられて角質細胞となって剥がれ落ちます。この過程や肌の役割などを詳しくお伝えしていきます。

正しいターンオーバー

お肌のターンオーバーを分かりやすく説明すると「肌の新陳代謝」となります。皮膚は新しい皮膚が次々に生まれ変わっていきどんどん入れ替わっていくのです。肌がターンオーバーを行う目的は「弾力のある肌を作り良質なバリア機能を築くこと」です。お肌の生まれ変わりの周期は28日ほどと言われています。これが早くなったり遅くなったりして肌トラブルの原因となってしまうのです。

肌トラブルの原因はターンオーバーが遅く長くなることだと思っている方が多いみたいですがそうでもありません。遅くても早くても肌トラブルは起こります。それよりも大切なのは水分保持力があり、弾力があり、肌バリアが機能する肌を作れているかどうかです。理想的なターンオーバーの周期であればバリア機能の高い肌ができる可能性があがるだけであって、周期が遅くても早くても最低限のバリア機能を持つ肌を作りだすことはできます。

ほとんどの肌トラブルの原因は周期が早くなることが原因。新しく生まれ出た肌は14日ほどかけてバリア機能のある角質としてできあがります。周期が早いと未完成な肌ができあがってしまうのでバリア機能も低くなり肌トラブルもおこりやすくなってしまいます。このことから、多くの肌トラブルの原因はターンオーバーが早くなることが大きな要因の一つだと言われています。

ターンオーバーを正常に変えるには

早まったターンオーバーを正常に戻すためには原因を早く発見することです。肌が未熟な状態で角質になってしまうのはターンオーバーが早まってるだけで、細胞それぞれに組み込まれているDNAは正常で壊れているわけではありません。まずは肌のできる周期に影響を与えている原因を特定していきましょう。

ターンオーバーを早める原因は紫外線酸化乾燥の3つ。この3つの原因が重なると角質が剥がれやすくなり周期が早くなる原因となります。また、界面活性剤を配合した化粧品も角質が剥がれやすくなる要因の一つとなります。角質柔軟の働きがある化粧品、界面活性剤配合のスキンケア用品の使用はひかえたほうがいいでしょう。
 


他にも肌を刺激するようなこと。たとえば洗顔中に肌をこすりすぎて角質を剥がしていたり、熱いお湯を使っての入浴長風呂汗を拭く時の刺激など気をつけるべきことはたくさんあります。これらは気付くことさえできればいいので、日頃の生活習慣を注意深く見直し、肌を刺激していることはないか意識するようにしてください。

肌を強制的に剥がしていくピーリングは肌の汚れ取りには効果的ですが適度な頻度で行うこと。ピーリング直後は肌もきれいになって見えますが、何度も繰り返し行なっていくと肌の衰えが目立つようになってきますので注意が必要です。

ウォーターピーリング 日本製 © 2018